あなたの婚活は【アカウンタブル】ですか?【ヴィクティム】ですか?婚活を成功させるコツを伝授

実際に結婚相談所で活動を始めると、自分の思ったような活動ができずに落ち込んだり、やる気がなくなったりしますよね。

婚活アプリやパーティーではモテていたのに、結婚相談所では全然モテない。
申し込みが来ない。
申し込みが来ても、自分の希望とは違う、、、


皆さんは、そんな時どのような考え方で困難に取り組みますか?

アカウンタブルに取り組みますか?
それともヴィクティムに取り組みますか?

なんのこっちゃと思う方も多いと思いますww
詳しく説明していきましょう。

accountable(アカウンタブル)とは

アカウンタブルとは
問題が起こった時や困難にぶつかった時に当事者意識をもって自ら進んで仕事の責任を引き受けていく事、
どうしたら出来るかを自ら考えて行動を起こす意識という事です。

victim(ヴィクティム)とは

一方、アカウンタブルの反対がヴィクティムです。ヴィクティムは被害者意識です。
自分で考えて行動する事が苦手で自分で責任を取ろうとしない
できない理由を誰かのせいにして常に受け身です。
自分の婚活なのに、どこか他人事。

婚活が上手くいっている人

婚活がうまくいく人は、
・現実をきちんと把握できる。
・うまくいかない原因を見つけ改善できる。
・婚活を自分事と捉え、実行力がある。
・お申込みしてくる人や、お見合いで会う人が今に自分に見合う人なんだと
現実を直視できる。
・自分にできることや、何かもっとよくできることはないかと、前向きに考えて
行動に移せる

婚活が上手くいっていない人

逆にうまくいかない人は、
・自分を客観視できず現実が受け入れられない
・婚活を自分事として考えていない
・うまくいかない理由を相手や周りのせいにする。
行動できない
・そもそも本当に結婚したいのか、自分でもわからない

うまくいかない原因を自ら考えることなく、自分の中の原因を探ろうとしない、「相談所には普通の人が居ない」という方がいます。
相談所の登録人数の中で普通の人と会えないなら自分も普通ではないとは考えないようです。
できない言い訳を探しがちで、自分で解決策を考えて行動する事が苦手です。
いつでも、どこか他人事被害者意識が強い。

婚活を成功させるには!?


困難を乗り越えるには、被害者意識を断ち切り当事者意識をもって立ち向かうことが必要です。
どうしたら良いのか、どうしたら上手くいくのかと迷った時は
「アカウンタブル」な行動はどんな行動だろうか?と考えてみてください。
とはいえ、婚活では辛いことも多く凹んだりモチベーションが上がらないこともあると思います。
ずっとヴィクティムに陥らず、自分で気づいたら方向転換すればいいのです。

アカウンタブルな行動を積み重ねていけば必ず、婚活を成功させることができます!!
大切なのはあきらめない事です。


婚活だけではなく、結婚しても困難はたくさんあります。
今後の人生をアカウンタブルに生きますか? それともヴィクティムに生きますか?

↑無相談のお問合せはこちらから。