恋する算命学入門!十二大従星とは?!

十二大従星とは?

今回の斗山の算命学入門は十二大主星についてです!
十二大従星(じゅうにだいじゅうせい)
はその名前の通り12種類あります。
人が誕生する前(胎児)からあの世(魂)に行くまでのサイクル12区分して、
星にあてはめています。

動物占いも、この十二大従星を元に作られています。

十二大従星

また、それぞれの星によってエネルギーの数値が決まっています。
例えば、赤ちゃんの天印星なら6点、青年の天南星なら10点、病人なら4点等です。
そして、十大主星のように、それぞれの星に特徴があります。

十二大従星の星の場所

以前、算命学で使われる陽占をご紹介しました。
十二大従星は下記の陽占図(下記参照)の水色の枠に入ります。

陽占十二大従星

この水色の枠は、人生を大まかに3つの時代に分けています。
初年期(生まれてから22歳位まで)の運勢。
壮年期(社会人から60歳位まで)の運勢。
晩年期(60歳以降)の運勢。

初年期の場所だからといって子供の星が入るとは限りません。
初年期の場所に天堂星(老人の時代の星)が入る人もいます。そういう人は、やけに落ち着いた年寄りくさい子供時代だったりします…笑
晩年期の場所に天印星(赤ちゃんの時代の星)が入っていると
なんだか、可愛らしい雰囲気のおばあちゃんだったりします。ww

余談ですが、動物占いは③の晩年期に入る星を動物に例えたものなんです!

十二大従星の種類

天報星(てんぽうせい)(胎児の時代)変化、きまぐれ、不安定、多才 動物占いはオオカミ 3点

天印星(てんいんせい)(赤子の時代)無邪気、可愛らしい、受け身、明るい 動物占いはこじか 6点

天貴星(てんきせい)(幼児の時代)知的好奇心旺盛、自尊心、真面目、長男長女の星 動物占いはサル 9点

天恍星(てんぴかせい)(少年少女の時代)反発・反抗心、恋愛好き、迷い、夢 動物占いはチーター 7点

天南星(てんなんせい)(青年の時代)毒舌、行動力、攻撃的 動物占いは黒ヒョウ 10点

天禄星(てんろくせい)(中年の時代)堅実、補佐役、常識的、用心深い 動物占いはライオン 11点

天将星(てんしょうせい)(頭領の時代)生涯現役、トップの星、自信家 動物占いはトラ 12点

天堂星(てんどうせい)(老人の時代)相談役、落着きがある、自制心 動物占いはタヌキ 8点

天胡星(てんこせい)(病人の時代)自己顕示欲、感性が良い、子供っぽい所がある 動物占いはコアラ 4点

天極星(てんきょくせい)(死人の時代)お人好し、無欲、モラルに縛られない 動物占いはゾウ 2点

天庫星(てんくらせい)(入墓の時代)凝り性、頑固、後継ぎの星 動物占いはヒツジ 5点

⑫天馳星(てんそうせい)(あの世の時代)感情的、直感、スピード感 動物占いはペガサス 1点
     

婚活にどう活かすの?

十二大従星は十大主星と同じく、それぞれの星に特徴があります。
ご自身で意識できる部分なので、言われてみると確かに自分ってこんな感じ!とピンと来ると思います。
自分の持っている星を知ることで客観的に、より効率的に自己分析ができるようになります。

あわせて、エネルギー値もわかるので自分の持っているエネルギーの大きさに合った生き方の指針にもなります。
3つの十二大従星の合計が30点以上の人は身強(みきょう)と言い、忙しく行動的に生きた方が運気が回ります。
合計が12点以下の人は身弱(みじゃく)と言い、あまりハードに活動したりすると病気になりやすかったりと、
エネルギー値によって、自分に合った活動の仕方もわかります。

ご自身に合った活動方法で効率よく、最短で結婚できるように活用して頂きたいです!!

まとめ

十二大従星も、人それぞれ持っている星が違います。
ご自身の星の特徴を理解して、その星に合った行動をしていきましょう。

持っている事で、影響が大きい星もあります。
自覚して運気を上手に回して婚活勝ち組になりましょう!!

また、算命学で分かるのは運格で、人格とは別になります。
あなたを運気を輝かせる為にも、普段からご自身の人格を磨いていく事がとても重要です。

斗山

今後、十二大従星も1つずつ解説していきます!!
楽しみにしていてくださいね(^▽^)/


算命学でご自身の強みを知って婚活してみませんか?
オンライン無料相談実施中

友だち追加

算命学の命式について
十大主星について



恋する算命学入門!十二大従星とは?!” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です