20代でもバツイチ!?算命学でみる【結婚】基準とは?

婚姻届

結婚とは「婚姻を交わし夫婦となること」。一般的に、婚姻届を提出して一緒に住み始める事を指しますよね。

算命学での結婚基準は少し違います。

古代中国生まれの学問なので、男女が結婚して男の子供が居る状態を「家庭」とみなし、それが「結婚」している状態です。

しかし今は2020年。結婚と言えど色々なカタチがあります。僕は、現代に即した基準で結婚を捉えています。

この基準でみると、僕の場合は24歳の時点でバツイチとなっていますが…()

どういう事なのか、解説していきましょう。

結婚=同棲

算命学では全て実質でみていきます。

婚姻届を出した日=結婚日ではありません。

2人が同じ屋根の下で暮らしだした日つまり同棲を開始した日が結婚日となるのです。

なので、お付き合いの段階で同棲しても対象となるのです。

期間は最低10ヶ月

同じ相手と10ヶ月以上一緒に暮らしていれば、結婚とみなします。流石に一週間で結婚とみなされても困りますよねw

同棲でなくても、お泊まりの頻度に注意

家はそれぞれ持っているけど、どちらかの家に頻繁にお泊まりしている場合もありますよね。その場合は3日以上だと同棲とみなす事があります。

まとめ

同棲の経験があれば、運勢上は結婚した事になっているかもしれません。また、その人とお別れしていれば、運勢上はバツイチかも

ただ、戸籍上のバツイチとは違い、特に何も起こりません
むしろ結婚運が悪い人は1消化して、次は良い方向へ向かう、という可能性もあります。

僕は結婚(生活)に向いていない命式なので、運勢上は24歳でバツイチ、現在バツサンですww

(原因は龍高星×2による自由奔放さですねw)

しかし、恋愛を重ねる程、より良い恋愛が出来ている実感はあります。悪いことばかりでは無いのは、身をもって体感しています。

皆さんも過去に苦い恋愛経験があっても、運勢上は有難い出来事かもしれませんよ。

ランキング参加しています!
クリックしてくださると喜びます♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

20代でもバツイチ!?算命学でみる【結婚】基準とは?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です